貸店舗の種類|ポスレジが使える貸店舗は契約数が多い!
店舗と鍵

法人向けサービス

タイプによって集客に大きく影響する

何故契約数が多いのか

年々契約数を伸ばしている貸店舗は、人気の理由が沢山あります。自分が作り出した味で安定した収入を見込みたいのなら、早速メリットを見ていきましょう。

貸店舗を契約するメリット

人を呼び込める最高の立地

大阪の貸店舗は、人がよく通る大通りや道路に面していることが多いため、商売繁盛が期待できます。ただ、立地条件の良い貸店舗は競争率が高いので早めに契約することが重要です。

デザインが斬新

大阪の貸店舗は、興味をそそられるデザインをしたお店やユニークな形をしたものが多数あります。お店の雰囲気もよく、こうした貸店舗で商売を始めた結果、見事成功した人が沢山います。

場所の確保に最適

いざ飲食店を始めるとしても、土地を購入してお店が出来上がるまで時間がかかりますし、そもそも場所の確保に多くの時間を犠牲にします。一方、貸店舗の場合はすでにその場所に佇んでいるため、契約すればすぐに商売を始められます。

相乗効果が狙える

同じビルにいくつものお店が入っているところは、人を自然と惹きつける相乗効果が期待できます。例えば飲食店がずらりと並ぶ場所に貸店舗があると、お互いのお客を呼び合うというようなことが可能になります。

貸店舗の種類

内観

郊外型と駅前型の二つが存在する

駅から数分のところにあるのが駅前型、郊外型は住宅街や道路のすぐそばにある貸店舗を指します。大阪の場合、駅の近くに多くの貸店舗を見かけることができます。メリットは、一目につきやすいことでしょうか。ターゲット層が広がるので、売り上げを伸ばすきっかけになります。逆に郊外型は、団体客の確保に適しています。

ビルの貸店舗なら階段に気を遣おう

貸店舗選びで重要視したいのは、階段の数です。いわゆる路面店と呼ばれる貸店舗は、一階になるのでお客さんの出入りがかなりよくなります。反面、2・3階になると一階よりも認知度が低くなるため、売り上げにも響く可能性があります。

貸店舗の中には居抜きやスケルトンもある

居抜きタイプの貸店舗は過去に使用していた調理器具や空調設備などが揃った状態のことを言います。この場合、一から揃える必要がないため階層前のスケルトンよりはコスパが大変いいです。しかし、スケルトンに比べて自分の好きな内装にできないのが難点です。

広告募集中